業務のあり方が180度変わりました

株式会社ランドロームジャパン 様

landrome1

── 商品分析システム d3を導入する以前の課題を教えてください。

当社では2008年夏にd3を導入し現在に至ります。

それまでの数値分析は紙と手作業の世界・・・。基幹システムから数回に分けて単品データを抽出し、ある意味職人とも呼べる担当者が独自のExcelマクロを駆使して数値分析資料を作成していました。今では当たり前に使用している品揃えチェック、ラインクラス比較表等がそれにあたります。出力される資料は見た目は同じでも、対象期間指定や部門の選択はできなかったため、d3がまず効果を発揮した分析資料となりました。

売上日報の確認は、基幹システムから出力される固定項目の確認がメインでしたが、エクセルレポーターという自由な設計ができるツールのおかげでより詳細を確認できるようになりました。エクセルレポーターはExcelの機能を活用してより複雑な計算が行えるため、現状でもその機能を駆使して様々な帳票を作成しています。

landrome2
landrome3

── 実際に導入されてからはいかがですか?

d3がなかった時代はシステム部の業務負荷が高く、前述の職人担当者が活躍しても生産性自体が低かったため営業部門に満足のいく資料を提供できませんでした。それがd3を導入する理由の一つでもありました。また、それまでのシステム部に提供してもらったデータを利用するという概念から、営業担当者が自由に検索し、いつでも必要なデータを閲覧できるというように業務の方法、あり方にも180度の転換をもたらし、その効率化に大きく寄与しています。単品分析についても単なる売上のみの分析ではなく、値引き、廃棄を含む荒利確認までが可能となり、ラインクラスの分析との併用で部門管理ができるようになりました。

今後は多様化するお客様のニーズにお応えするため、データ分析という行為そのものが重要となり、最終的には業績をも左右する事になると予想しています。データコム社のd3というツールをフル活用し、またパートナー企業としての取り組みも強化して、データ分析、システム構築を進めていきたいと考えています。

landrome-logo

株式会社ランドロームジャパン 様

千葉県を基盤とするスーパーマーケットを運営。