想定以上の変化を実感

株式会社天満屋ストア 様

8_gaikan

── 生鮮EDI導入の背景は?

 2013年10月に水産部門に導入をいたしましたが、当時の業界状況は、食品SMの出店加速、CVSのミニスーパー化、DGSやHCでの食品取扱増、ネットスーパーの急伸など、業態を越えた競争が熾烈化していました。
 こうした状況で、当社のようなスーパーが他の業態や他の店舗と差別化できるのは生鮮部門であり、会社にとって同部門の強化が極めて重要なミッションとなりました。
 当時の水産部門の業務は、多数の手作業や多量の書類やメールで大変非効率な運用状況でしたので、商談から決済までをIT化することにより、業務を画期的に改善することがミッション達成の重要な要素となり導入に至りました。

──生鮮EDI導入時にまず行ったことは何ですか?

 今回は「製・配・販の三層における業務効率の大幅な向上」を導入のコンセプトの一つに掲げていましたので、水産部門における全ての取引を、当社内に限らず、お取引先様も含め、まず、フローチャートに書き出しました。
 それを基に、お取引先様との重複業務のカットや、データ共有を実現できる仕組みに向け、既成概念にとらわれず業務系および勘定系の全システムを勘案した全体最適となることを念頭にフローチャートを書き換えていきました。

──生鮮EDI導入で気を付けた点は?

 特に、パッケージの良さを失わないという点に気を付けました。カスタマイズやアドオンはしないという方針のなかで、営業力が落ちないようにパッケージに合わせて運用を変えていく、もしくは他のシステムで補完していくという点に最も留意しました。
 また、導入の狙いがFreshWebを利用する各社における業務効率の大幅なアップを実現するというものでありましたので、お取引先様が連携し易いようノンカスタマイズ導入にできるだけ拘りました。
 結果、ほぼ全てのお取引先様から「FreshWebを利用してよかった、効果を実感している」とのお言葉をいただいております。

 

IMG_007_R

管理本部 財務企画部
情報システム担当課長

IMG_004_R

営業本部 商品第一部
水産担当チーフバイヤー

── システムが稼働して何が大きく変わりましたか?

 生鮮EDIを導入する以前は、主に電話やFAXによる発注業務でしたので、店舗発注、バイヤー確認、さらにはお取引先様の受注集計などで多くの時間と労力を費やしていました。
 生鮮EDI導入後は、発注作業が大幅に軽減したことは誰もが実感でき、EDI化により仕入伝票処理など後方業務もなくなり、その時間を店頭作業へ再配分するなど、効率的な要員配置も実現できました。

 結果として、売買差益による数値管理が容易に行えるようになり、数値に対する意識も大きく変わったと思います。納品日での大まかな粗利確定が即日できるようになり、早い段階で対策を打てるようになったことは非常に大きいと感じております。

── 売場はどう変わりましたか?

 生鮮EDIシステムに変わったことで、お取引先様よりご提供いただける情報が増え、より多くの魚種が取り扱えるようになり、季節ごとの規格やサイズが豊富になりました。ここまでの変化は想定以上で、売り場提案が行いやすくなったことなど、一連の円滑な業務の流れは、バイヤーとしては大きな改善と感じています。

 今後も、FreshWebを通じて、お取引先様と連携を図りながら、新たな取引も強化し、お客様へより良い商品提案が行えるよう努めてまいりたいと考えています。

tenmaya_store_logo

株式会社天満屋ストア 様

岡山県、広島県、鳥取県に、GMSの「天満屋ハピータウン」とSM「天満屋ハピーズ」を展開するチェーンストア。