顧客データ分析の手法その2 トライアル・リピート分析

今回の「商売上手を科学する」は顧客データ分析の手法の紹介の第2弾として、トライアル・リピート分析をテーマにお客様の買い物を科学する。リピーターを増やすことは小売業にとってとても重要だが、それが優良顧客の育成につながっているかのチェックや分析手法をご紹介したい。

米について考える

今回の「商売上手を科学する」は「米」をテーマに取り上げる。
米が今、どんな売り方をされていて、どんな人が買っているのかについて取り上げ、無洗米の支持者をトピックとして「簡便」や「小容量」といった消費者のニーズに対する小売の売り場のあり方について科学する。

顧客データ分析の手法その1 バスケット分析

今回の「商売上手を科学する」は顧客データ分析の手法の紹介の第一弾として、バスケット分析をテーマにお客様の買い物を科学する。ハンバーグ、そうめんとめんつゆ、中華フェア、タイカレー缶等を例として、データと向き合うポイント、データ活用のヒントをご紹介したい。

シニア層への商売上手を科学する その2

シニア層への商売上手を科学するの第二弾として、今回は減塩をテーマに分析してみたい。スーパーマーケットではさまざまな減塩志向の商品が扱われ、また消費者のニーズも高まっている。その中で、どのような売り手と買い手のすれ違いが起こっているのだろうか。

小売の新しいカテゴリー創造を科学する

新しいカテゴリーの創造、これは小売りに課せられた使命のひとつだ。小売各社における棚割は、その小売りの商売の基本コンセプトの表現であり、カテゴリーの組み合わせで出来上がっている。そこで、メーカとは異なる小売りにおけるカテゴリーの創造について、事例から科学してみたい。

リピート率で品揃えの妥当性を科学する

一口にリピート率と言っても捉え方次第では品揃え必須商品を誤ってしまう。今回は清酒と料理酒をテーマに、リピート率についてデータに基づいて考察する。また、売り手側の当然が、買い手側の当然ではないことを念頭にチャンスロスを減らす試みについて触れている。