お知らせ

News

そっけなくするわけにはいかない小売りの「塩対応」

小売りの世界において商売の重要なキーになるであろう「塩対応」は、文字通り「塩」、「塩分」への対応である。今回は、減塩商品や食品の成分表示、添加物等への取組みについて取り上げ、また食品スーパーの対応の在り方について考察する。

顧客の「囲い込み」は、本当に有効な戦略か?

小売りにとって顧客を囲い込み、顧客満足を維持向上させることは重要な戦略と思われているが、かなりハードルの高いことだ。それを母の日のカーネーションや鰻の蒲焼等の購買データから検証してみる。また、データが物語るリピーター作りの難しさとその要因について解説する。

PB商品でより儲かるのは、小売りか?メーカーか?

PB商品の市場は年々拡大を続けているが、NB商品とお客様の買い方に違いがあるのだろうか。また、小売店にとってどんなメリットがあるのだろうか。顧客データを通じて得られたスーパーマーケットにおけるPB商品、NB商品の違いについて解説する。

若者のビール離れは本当か?

顧客データの分析が、我々の思い込みを払拭する有力な手段のひとつとなることは言うまでもないし、それを活用しない限り、時代のトレンドも読めないはずだ。今回は、思い込みから脱し、中長期にわたるトレンドを把握するための移動平均という手法を若者のビール離れをテーマにご紹介する。

顧客データ分析の手法その2 トライアル・リピート分析

今回の「商売上手を科学する」は顧客データ分析の手法の紹介の第2弾として、トライアル・リピート分析をテーマにお客様の買い物を科学する。リピーターを増やすことは小売業にとってとても重要だが、それが優良顧客の育成につながっているかのチェックや分析手法をご紹介したい。

米について考える

今回の「商売上手を科学する」は「米」をテーマに取り上げる。
米が今、どんな売り方をされていて、どんな人が買っているのかについて取り上げ、無洗米の支持者をトピックとして「簡便」や「小容量」といった消費者のニーズに対する小売の売り場のあり方について科学する。