統計処理に基づく需要予測型 自動発注 CPMシステム

売場利益を最大化する戦略的マーチャンダイジング・ソリューション

統計処理に基づく自動発注システム CPMとは

売場利益の最大化は小売業にとって大きな課題の一つです。
そこで、需要予測と自動発注を活用することで、売場利益最大化の取り組みのレベルアップが図れます。
CPM(カテゴリプロフィットマネジメント)システムは、在庫管理の課題解決力が高く、運用がシンプルで分かりやすいことが特徴です。

CPM_chart2

CPMシステム導入のメリット

  • 売場管理・棚割りを起点とした自動発注により、消費者志向の売場づくりを支援します

  • 棚割改廃管理により、棚落品の自動売り減らし、棚入日に合わせた棚入品の発注と品出しを実現します

  • 自動発注による在庫の適正化で、欠品削減、在庫回転率向上、ロングテール在庫の適正化が行えます

  • 需要予測情報を活用し、シーズン管理と企画作成、プライシング分析、滞留在庫分析、発注ロス分析が行えます

  • 原価管理機能(単品粗利計算)、売場生産性分析機能により、実効性の高い売場業績管理を実現します

CPMシステムの特長

需要予測の精度を高める統計手法

  • ロバスト・多変量時系列分析の統計理論を結集し、特売、イベント、曜日等を含むコーザル(32種類)による精度の高い日次需要予測を実現します。日配品や特売品を含む自動発注に対応しています。
  • 需要予測精度の俯瞰や最詳レベルでの計算履歴を可視化し、ブラックボックス化しません。

基準在庫の自動最適化

  • 商品の販売可能期間に基づき、機会損失と在庫維持費用および売れ残り損失を最小化する、安全在庫係数最適値の自動算出を実現しています。
  • 最小の運用負荷で、日配品からグロッサリーまで、幅広い商品の自動発注に対応しています。また、陳列が貧相にならないよう演出効果を反映させることも可能です。

需要変化への迅速な対応と発注頻度の適正化を両立

  • 販売ランクの高い商品には定期発注方式、販売ランクの低い商品には経済発注サイクルに基づく発注点経済発注量方式が適用されるよう、連続的に在庫管理方式が変化するハイブリッドシステムを実現しています。

売場管理のコックピット化

  • 売場管理のKPIをランク別や分類別など様々な切り口で照会し、問題点の見える化を支援することで、商品管理のPDCAサイクルを的確にサポートします。
CPM_chart1

※データコム株式会社はオプティマムアーキテクト社のCPMシステム導入のオフィシャルパートナーです

CPMについてのお問い合わせはこちら