POSデータ 商品分析システムd3

POSデータ活用

商品分析とは

販売チャネルが多様化している現在、スーパーマーケット、ドラッグストア、ホームセンター等の小売業では店舗に足を運んでもらえるように、より魅力ある商品、たとえば生鮮、惣菜を中心としたインストア加工商品や、PB商品、専売商品の開発に軸足を置き始めています。「その小売」「その店」でしか買えない商品の品揃えを増やすことで、他社との差異化を図る試みがますます加速していくことが予測され、それに伴い精度の高い検証が同時に求められることになります。

そこでは昨今のビッグデータだけでなく、まずは今そこにあるデータを活かすことが重要です。

問題解決に挑んでいただく際に、データから有効な打ち手を立案し、実行、検証することで、発注精度のアップ、ロスの削減、適正在庫の維持、棚割り管理に関わるマンパワーの削減などの効率の改善や、売り方や商品改善につなげていただけます。

 

商品分析システムd3とは

課題の発見、成功事例の共有

  • 日々のデータの中には、お客様に喜ばれるビジネスのヒントやアイディアが隠れています。商品分析システムd3では、POSデータをベースにさまざまなデータを統合し、企業戦略に必要な情報をタイムリーに提供します。
  • 活用度の高い企業様の利用状況は、1日のアクセスが1万ビューを超えます。日常の業務に欠かせないシステムとして「データを見る」という文化を醸成し、活用されています。

累計導入実績数100社以上

  • d3は小売業様向け商品分析パッケージシステムとして販売を開始してから、多くの企業様へ導入されています。その経験をもとに、より洗練された画面の操作性、機能の強化、システムの柔軟さなど使いやすさを向上してきました。

POSデータ分析をすぐにでも

  • システムに必要なマスタ類や実績データは標準のレイアウトがあり、導入から運用開始まで短期間でのスタートが可能です。
  • また、基本的な分析機能があらかじめ備えているため、販売情報をシンプルな操作で、変化を読み取りやすく分析できます。

 

POSデータ分析をはじめとする商品分析システムd3の特徴

現場の数字の見える化に有効なd3の特徴です。

商品分析システムd3の主な機能

 

基本分析

単品基本分析

販売別・店舗別・時系列別・分類別・特売別に販売状況を確認できる定型的な分析画面です。
全体状況の把握、日々の業務レポートとして活用できます。
また、昨年実績との対比を確認することもできます。

ベスト分析

店舗別・時系列別・分類別に新商品や売れ筋商品など販売動向を確認できる分析画面です。
一目で確認できるカラー表示機能が付いています。
店舗別に表示した際には、他店との比較を容易に行うことができます。

比較分析

「期間-1」が「期間-2」に比べてどのように変化しているか2期間の販売動向を確認できる分析画面です。
視覚的に2期間の動向を確認できるカラー記号表示機能が付いています。

ABC分析

販売実績をABCにランク分けすることにより、推移を把握することができます。
商品(分類)の貢献度を見極めることができるツールです。

クロス分析

商品(分類)の貢献度や改廃商品を見極めることができるツールです。
9分割により商品の貢献度を分かりやすく表示されています。

傾向分析

時系列データの基調的な販売傾向を把握することができる分析画面です。曜日などによる変動を平準化することができます。

プライスライン分析

プライスライン別の販売状況を把握することができる分析画面です。
また、詳細画面にて時系列のプライスラインを確認することができます。
最適な価格設定、品揃えを支援します。

分析機能詳細

代表的な機能を画面とともにいくつかご紹介いたします。

d3chart3

ベスト分析

特長:

  • 全店・各店の売れ筋をわかりやすくカラー表示

できること:

  • チャンスロスを早期に見つけて対策することによって、売上・粗利に貢献
  • 本部企画の効果検証
  • 店舗成功事例の共有
  • 新商品販売動向の把握
d3chart4

汎用分析

特長

  • 目的別に自由なレポートを作成できる
  • POSデータ以外のd3上に構築したデータを閲覧できる
  • データ項目以外にも計算式を埋め込み可能

 

役割・効果

  • 用途に応じた分析画面をユーザサイドで実現
  • 画面改修によるカスタマイズ費用の削減
d3chart5

Excelデザイナー

特長

  • Reporterの自由度とエクセルの表現力を利用して、エクセル定型帳票を作成できる

 

役割・効果

  • 複数のレポートを1つのエクセルファイル(帳票)として出力

構成例

対応規模

d3には3つの製品形態により、さまざまな規模や業態のお客様に対応しています。
「ご予算に合わせたスモールスタート」、「本格的な利用へのステップアップ」が可能です。

d3についての詳細・価格等のお問い合わせはこちら