JICFS/IFDBサービス

データ提供サービス/データ構築サービス

JICFS/IFDBとは

JICFS/IFDB※(JANコード統合商品情報データベース)は、一般財団法人 流通システム開発センターがJANコードとこれに付随する商品情報を一元的に管理するデータベースサービスです。企業ごとに異なる商品マスタの共通性のある基本的な情報を収集、整備しています。

小売業においては、商品マスターの整備は作業負荷が大きく、負担となっているケースも見受けられます。

JICFS/IFDB の商品情報を利用することで、POSシステムや電子受発注システムなどの導入運用に必要な商品マスターや、小売業とメーカー間での商品情報を正確にご利用いただけます。

※JICFS/IFDB:ジクフス/アイエフデービー
(JAN Item Code File Service/Integrated Flexible Data Base)

 

商品マスタメンテナンスでこんなお悩みありませんか?

  • メーカーマスタがなく、メーカーごとの販売実績を集計できない
  • バイヤーが手間をかけてメーカーマスタのメンテナンスを行っている
  • 手作業のため、入力ミスによるメーカー名・メーカーコードの重複が発生し、集計業務に支障をきたしている

データ提供サービス/データ構築サービス

JICFS/IFDBをお客様にご活用いただくため、2種類のサービスをご用意しております。

データ提供サービス

こんなお客様におすすめです

  • JICFSをそのまま使いたい
  • 基幹に取り込みたい
  • 自社システムに取り込みたい
chart1

データ構築サービス

こんなお客様におすすめです

  • データコム分析システムd3等でJICFSデータを使用したい
  • 基幹システムや分析システムでデータを使用したい
chart2

データ構築サービスの活用例

<活用事例①>メーカーと共同で取り組んだ効果検証ができます

各社の売上構成比から貢献度と月別のシェアの推移を確認できます。

<活用事例②>発注と仕入の実績比較からギャップを確認し、チャンスロスの防止に繋げられます。

JICFS/IFDBサービスについてのお問い合わせはこちら